2002年10月26日

幌内歩こう会2002 第6回目

選炭機探検隊



今回の歩こう会は、前月の歩こう会で行けなかった、奔幌内水源地へのオプショナルツアーでスタート

HBCのテレビ取材あり、終了後のワークショップありの、盛りだくさんで充実した一日でした。


●奔幌内水源地

昭和初期にできた炭鉱水道のダム。
訪れる人もなく、 ひっそりと 山中に佇んで います。

●奔幌内水源地

堤頂10m、ダムサイトの 上には
当時使われていたバルブハンドルが 残っていました。

●奔幌内水源地

ダム湖があった所は
土砂が堆積してるますが、かつての面影は残していました。

●奔幌内水源地

炭鉱遺産探検で見つけた秋の風情。

●テレビ取材

HBCテレポート2000の カメラクルーが取材にきてくれました。

●選炭機探検

坑内からベルトコンベアーで原炭を揚げていた常磐斜坑。
秋だと草が枯れて良く見えます。

●選炭機探検

常磐斜坑の本卸と添卸坑口との間には今も神社が残っています。

●選炭機探検

常磐斜坑の人車を巻くモーターがあった巻座。

●選炭機探検

巻座から眺めるといつもとは違った選炭機跡の景色が広がります。
常磐坑まで行けるのは草が枯れた秋だけ
の特権です。

●選炭機探検

元炭鉱マンの磯野さんが当時の様子を語ってくれました。

●選炭機探検

坑内から揚がってきた原炭を溜めておく原炭ポケット。

●ワークショップ

35名の参加者が今日の印象やこれからの展開について語り合いました。
廃校になった幌内中学校(現アートミュージアム)の教室で。

●ワークショップ

小さな参加者も進んで意見を出してくれます。

●ワークショップ

最後は各チームごとに話し合った中身を発表します。
これが次年度の活動に向けた貴重な手かがりになります。